NEWSお知らせブログ

Feb 1, 2019

どんな子どもに育って欲しいと思ってますか?

子どもたちは、それぞれ限りない可能性を持っています。 親に愛されている安心感と自信をどんな時でも持っていると子どもは自然といろいろな事に挑戦し、頑張ろうとする気持ち が育ってくるのではないでしょうか。

☆褒め上手・叱り上手になりましょう☆

『褒め方』のポイント

・良くないことをした時に叱るだけでなく、子どもの「良い所」を見つけてたくさん褒めてあげましょう。

『叱り方』のポイント

・他の子どもと比べたり、人格の否定や、突き放すような叱り方はしないようにしましょう。「自分はだめなんだ」という劣等感を 植え付け、心に深い傷を残してしまいます。

・両親が一緒になって叱らない。どちらかがフォローし、必ず逃げ場を作ってあげましょう。

・一方的に叱らない。感情的で度を過ぎた叱り方はしないようにしましょう。

・叱る理由には一貫性を持たせましょう。叱る理由には例外をつくらず一貫した対応をしましょう。

褒める時も、叱るときも、子どもと目線をしっかりと合わせましょう。