NEWSお知らせブログ

Feb 19, 2019

節分

節分とは元々、「季節を分ける」という 意味があり、昔は立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれの前日を指していたそうです。 しかし、江戸時代以降には立春(2月4)の前日を節分というようになったと言われています。また、「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆を撒いて、年齢の数だけ豆を食べるのは、厄除けのためといわれています。本来の豆まきは3日ですが、今年は日曜日にあたるため、1日にこどもたちと豆まきを行います。

 

保育園でも豆まきをしました。はじめはみんな怖がっていましたが、最後は力いっぱい豆まきをしましたよ。