About usもしもしのほし保育園とは

本気でこどもと向き合う。
共に未来を生きるチカラを育む。

もしもしのほし保育園がめざしているのは、一人ひとりの子どもの個性と、みんなで一緒に創るワクワクするこころを保護者、保育士も共に大切にしながら、未来を生きるチカラをみんなではぐくむ保育です。

こどもが育つ時に悩み、考え、喜ぶのと同じだけ、大人も悩み、考え、喜びます。こどもとこどもに関わる全てのひと達が、皆一緒に成長する。一人ひとりの成長することで、社会全体もまた成長するのです。

私たちが取り組んでいる【共育】とは、子どもと大人が成長するための最善の環境と時間をつくることです。

ここでしかできないあそび、
一人ひとりに合ったあそびを。

もしもしのほし中野保育園では、子ども達のために様々な遊びを提供できるように心がけています。壁に設置されたボルダリング、チョークでお絵描きができる黒板の壁。園内には多種多様な遊びができるような環境があります。それだけではなく、職員の思いや、子ども一人ひとりと向き合うことでより多様な遊びを提供できるように心がけています。「おままごとにもっと広がりを」という思いから小物を作ったり、外での探索活動に変化が生まれるように色付きの虫眼鏡を作るなど、子ども達が楽しんで遊ぶことや遊びが発展していくことを意識しながら手作り玩具も取り入れています。より子ども達が遊びこめるように環境を整えることに努めています。